日本のごみ事情



どこから噂になっているのか分かりませんが、宿泊する前から「日本のごみの分別は大変って聞いているけど、分別方法教えてくれない?」と結構質問が来ます。もちろん弊社では、ゴミ箱に分別シールをつけ、室内用のハウスインストラクションにもゴミ出し方法や分別方法について詳しく書いているので実際にチェックインされた後は何も心配はいりません。北欧などのさらにリサイクルが細分化されている国に比べたら日本は緩い方だとは思いますが、アメリカや中国・東南アジアから来られたゲストには複雑に思えるのかもしれませんね。  ほとんどのゲストは民泊の理念を理解し、ゲストから間借りをしている意識で分別ルールを守り綺麗に利用してくれますが、しかし一方で一部のゲストはホテルと勘違いしルールを無視して滞在される方もいらっしゃいます。(酷い場合は、追加料金の発生やAirbnbへの報告を実施しますが、その話はまたの機会に)

現在民泊の代表格であるAirbnbは、2008年8月にジョー・ゲビア、ブライアン・チェスキー、ネイサン・ブレチャージクの3人の共同創設者によって設立されました。 彼らの信念は人々が世界をより身近に感じられるように、世界中の人々を繋げていくことです。世界中のどこに行ってもその場所があたかも自分のホームグラウンドの様に馴染めるようにすることを理想としています。

それはホストのホスピタリティーと受け入れ準備が前提としてあることも重要ですが、ゲスト自身が馴じむ心づもりで歩み寄りながら多文化を楽しむもうとする、ということも大切だと私は常々感じております。

 たかがごみ、されどごみ。。。


最新記事